自由奔放な生活
Home >> 自由奔放な生活 

拡張子[.html]でもPHPを実行する方法

 通常、PHPをサーバに処理させたい場合、拡張子は[.php]である必要があります。
これはサーバが拡張子[.php]のファイルをPHPとして認識し、
処理する仕組み
のためです。昔からサイトを公開している方は、
Webファイルの拡張子が[.html]となっている方が多いと思います。
PHPを使用したい場合、ファイルの拡張子を[.html]から[.php]に変更すれば良いわけですが、規模(ページ数)が大きいサイト程、拡張子を変更することに抵抗があると思います。
各ページに記載したリンクの修正や修正後の動作確認は大変ですからね (∥・д・)
そんなわけで、今回は拡張子を変更しないでPHPを実行する方法を記載します。
 今回の設定条件は以下のとおりです。

 ・ディストリビューション:CentOS
 ・Webサーバ:Apache(RPMで導入したもの)
 ・PHP:PHP5(RPMで導入したもの)

$ su – rootユーザにスイッチ
パスワード:

# cd /etc/httpd/conf.d/; pwd
ApacheのPHP専用設定ファイルの場所に移動
/etc/httpd/conf.d

# cp -p ./php.conf ./php.conf.bak ファイルバックアップ

# vi ./php.conf 設定ファイルの編集

AddType application/x-httpd-php .html
行末に上記の一文を加える
指定した拡張子を指定したMIMEタイプに割り当てる
拡張子が[.html]をPHPとして処理

# service httpd reload 設定ファイルの再読み込み

これで拡張子[.html]のファイル内に書かれたPHPが処理されるようになります。

タグ: ,

この投稿は 2012年4月17日 火曜日 23:50 に Linux, PHP(Linux) カテゴリーに公開されました。
この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。
コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。


コメントをどうぞ

2018年8月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

検索



*** Contents ***

● Link
● お問い合わせ


Home >> 自由奔放な生活